www.disaterura.in.net/

大好きなさんまの食べ方

一番さんまがおいしいと感じるのは誰が何と言おうと秋にとれた脂ののった焼きたてのものが一番おいしいですね。面倒でも大根をおろし、たっぷりと塩をふって、焼いたばかりのさんまにしょうゆを少しだけつけて食べるさんまの事を思い出すだけで、食欲がわいてくるようです。

 

しかし、このおいしいさんま 旬を口にすることのできる季節は限られています。そこで登場するのが塩さんまですね。濃いめの塩漬けになっているので、獲れたて生さんまより日持ちがします。塩抜きをして焼きたてを食べるとこれもなかなかのものです。さんまはとにかく焼きたてを食べるといった点が、おいしく食べる絶対条件です。

 

その他にもさんまのかば焼きの缶詰めなんかもすてがたいです。これは1年中安定した値段で買う事ができます。感を破り冷たいままで食べるのもおいしいし、鍋に入れ、砂糖醤油、みりんでもう一度味を調えて温かいものを食べるのもこれまたおいしいです。こればかりは骨ごと全部食べる事ができるのが最大の魅力ですね。

 

そんな訳で、魚の中でもさんま 旬は特に大好きな魚なのです。