www.gartreemp.com/

スキューバダイビングの2つの特徴

ダイビングと言っても、色々な種類があります。
例えば水の中に潜る時に、タンクを使わない場合があります。海の深くまで潜る時には、もちろんタンクを用います。しかし浅い潜水の場合には、タンクを用いない場合が多いです。息を止めて潜る場合が多いですが。学校にあるプールで、タンクを用いて潜水をしている事はほぼ無いと思います。ここがおすすめ!ダイビングスクールです。

 

ところで「スキューバ」ダイビングという言葉は、タンクを用いた潜水に対して用いられます。ですのでプールの中に潜水をする時などは、スキューバダイビングとは言いません。フリーダイビングという表現が用いられる場合が多いです。気になる方はシュノーケルへどうぞ。

 

またスキューバダイビングは、息を止めるのは禁物です。特に深海から浅い海に上がる時に一瞬でも息を止めてしまいますと、かなりの危険を伴います。したがってスキューバは、息を止めないという特徴もあります。
そのためスキューバダイビングには、「タンクなどを用いる」のと「息を止めない」という2つの特徴がある訳です。